バナナ姫ルナとは


  • バナナ姫ルナは、門司港バナナの素晴らしさを伝えるために誕生したバナナの妖精.
  • 門司港バナナのPRキャラクターとして、門司区役所主催のイベント「門司港バナナ博物館2015」でイラストのキャラクターとして誕生しました。
    (キャラクターデザインは北九州市出身のイラストレーター・しいたけさんです)。
  • そこから、「北九州市の効果的なPRのため」に市職員の井上純子が自らの特技を活かしバナナ姫ルナを三次元化したものがコスプレのバナナ姫ルナです。
    市のためにコスプレでPRするという取り組みは全国的に珍しいことから、全国メディアを含めたテレビ、新聞、ネットニュースで100回以上取り上げられ、北九州市の認知度向上に大きな効果があったといわれています。
    ●北九州市のコスプレ観光PRについてはこちら
  • ●イラストのバナナ姫ルナはこちら